女性用・医療用かつらおすすめランキングTOP5

HOME » 医療用かつらの特徴 » オーダー方法

オーダー方法

かつらは、既製品のほか、フルオーダー、セミオーダーで作られたものがあります。とくに医療用かつらの場合、脱毛の状態など、個人個人で異なるので、フルオーダーやセミオーダーで自分に合ったものを作ることも多いようです。

医療用かつらオーダーの種類

既製品

すでにスタイルが仕上がっている既製品(レディーメイドとも呼ばれます)は、すぐに使用することができます。また、フルオーダーやセミオーダーに比べて値段が安いというメリットがあります。しかし、すでにスタイルが決まっている中から選ぶので、選択肢が限られてしまう場合があります。また、サイズ調整はできるものの、自分の頭にしっくりこなかったり、違和感を覚えることもあるかもしれません。

フルオーダー

自分の頭の形に合わせて型を取り、髪の色やスタイルなど、自分の思い通りに作れるのがフルオーダーです。既製品にはないフィット感、希望通りのヘアスタイルを得られる一方で、型から作るため製作に時間がかかり(約1カ月以上)、値段も高くなります。

セミオーダー

既製品とフルオーダーの中間に位置するセミオーダーは、既製品をベースに、サイズや毛髪の色、長さ、スタイルなどを選ぶことができます。そのため、既製品よりもフィット感があり、自然な仕上がりになります。また、フルオーダーよりも納期が短く(即日納期できるものもあり)、値段も安いことが多いようです。

レンタル

このほか、医療用かつらの場合、レンタルを行なっているところもあります。手ごろな価格で必要な期間だけ借りられ、不要になったらすぐに解約できますが、かつらの使用期間が長期に及んだ場合、レンタルよりも購入したほうが安いこともあります。また、レンタルの場合は既製品なので、十分なフィット感を得られないという可能性もあります。

専門店での購入と通販での購入

医療用かつらを購入する際、サロンなどに行って購入する方法と、インターネットなどの通販で購入する方法があります。

直接、専門店やサロンに行くと、実際にかつらを手にとって、見て、試すことができるので、「サイズが合わない」「イメージしていたのと違う」というような失敗が少なくなります。また、直接、スタッフの方と話ができるので、自分の希望を伝えることができ、試着方法や気になる点、ケアの方法などを教えてもらうことができます。

近くにお店がなかったり、外出できない状態の場合は通販が便利です。自宅にいながら、さまざまなメーカーのかつらを見比べることができ、値段の安いもの、自分の好みのものを探しやすいという利点があります。ただ、実際に商品を手にとって見ることができないので、サイズが合わなかったり、イメージしていたものと違ったりというトラブルが起こる場合もあります。できれば、お店まで足を運ぶか、自宅や病室までサンプルを持ってきてくれるお店を選びましょう。

 
ページの先頭へ
女性のための医療用かつら情報館